【おすすめ】お得!ふるさと納税

ふるさと納税喜ぶ人子育て&生活

ふるさと納税喜ぶ人

最近よく聞くふるさと納税ですが、私の周りでも”やってみたいけど・・・。”と言ってやってない人がけっこうたくさんいるんです。

そんな私もつい数年前までは”確定申告とか面倒くさそう・・・。”など周りの方と一緒の意見でした。

しかし!

1回やってみると確定申告も簡単で、しかもとってもお得なんです☆

以降でふるさと納税のおすすめ返礼品などご紹介したいと思います☆

そもそもふるさと納税ってなに?

ふるさと納税は、簡単に言うと自分の好きな地域に納税するかわりに、住民税などが控除される制度です。なので、自分の好きなまたは応援したい地域に住民税を支払うような感じになりますね☆

家族構成、年収によっても納税できる金額が違うのですが、

例えば・・・年収400万円、夫婦&子どもの家族の場合約25,000円分を好きな地域に納税が出来ます。(この25,000円のうち23,000円分の税金が控除されます。自己負担額は2000円になります。)

さらにこのふるさと納税がお得な理由として、地域の特産品などを返礼品として受け取ることが出来ます☆いろいろな地域に納税することで、実質2000円の自己負担でいろいろな返礼品を受け取ることが出来ちゃいます!

おすすめ返礼品【3選】

  • お米・・・我が家は夫婦2人共働きのため、お米20kgをそれぞれで頼み、計40kgを返礼品でもらえるようにしています。お米はとてもお得で、我が家は約40kgで10か月程この返礼品でもってしまいます☆お米は家計的にも助かりますし、最近は無洗米のお米も返礼品としてあるので、防災備蓄としても頼むのもおすすめです☆
  • お肉・・・以前までは泉佐野市で頼んでいたのですが、現在(2020年時点で)は納税の対象外となっているので、お肉の有名どころでいいお肉を頼むようにしています☆(主に普段食べられない良いしゃぶしゃぶ肉やすきやき肉など)
  • 海鮮(いくらなどの魚卵)・・・海鮮の返礼品は北海道がおすすめです。まだ北海道に行ったことがないのもそうなのですが、いくらなども1万円ほどの納税で500gとたっぷり入ったものあるので家族で楽しめます☆

全部食べ物ばっかりじゃん!!

と、思った方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、我が家はいつもこの3点に絞って納税しています☆

もちろんこれ以外にも野菜や果物、旅行、チケット、日用品と様々な返礼品があるのですが、お肉や海鮮などは、普段食べることが出来ない良いものを1年に1度の贅沢に、このふるさと納税で頼むようにしています☆

ふるさと納税おすすめサイト【2選】

ふるさとチョイス・・・返礼品の種類、数ともにとても多いのが魅力的です☆美影もいつもお世話になっているふるさと納税サイトです。また納税額のシミュレーションも細かく出来、正確に出せるのでとても便利です☆

楽天市場・・・ふるさとチョイスほど返礼品の種類は豊富ではありませんが、なんと言っても楽天ポイントが付くことです!SPUでポイントアップしている方は普段のお買い物と同様にポイントが付くのでとてもお得でおすすめです☆

他にもたくさんのふるさと納税のサイトがありますが、特に使いやすいサイトを2つ紹介してみました!

確定申告のいらないワンストップ特例制度って何?

ふるさと納税は確定申告が必要ですが、実はある一定の条件を満たしていれば確定申告がいらないんです!

  • 年収が2000万円以下の人。
  • 医療費控除を受ける予定がない人。
  • 1~12月までのトータルの寄付先が5自治体以内の人。

この条件を満たしていれば確定申告がいりませんが、申請書と本人確認証などを寄付先の自治体ごとにワンストップ特例制度の期日までに送付しなければいけないので、注意が必要です!

おわりに

いかがだったでしょうか?

寄付可能な納税額の詳細は、会社員の方は源泉徴収票がないとシミュレーション出来ないので、どうしても年末になってしまい、結局ワンストップの期日に間に合わず確定申告にすることになってしまうのですが、お米などは絶対に家計としては助かるのでぜひ挑戦してみてください!(美影は何だかんだで毎年確定申告しています。マイナンバーカードは持っていないので、税務署に提出しに行っています。)

確定申告もふるさと納税だけであったら、寄付先から送られてくる寄付受領証明書や源泉徴収票に沿って記入するのみなので、思っていた以上に簡単に入力出来ます☆

お得なので、ぜひこの機会にふるさと納税をやってみてください!

ここまで読んでくださりありがとうございました!

子育て&生活
スポンサーリンク
美影をフォローする
スポンサーリンク
ゆっくり子育てライフブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました