お金を貸した友人が音信不通・・・その結果

友人と電話中イメージイラスト子育て&生活

友人と電話中イメージイラスト

皆さんは友人にお金を貸したことはありますか?

親しい友人。たまたま久しぶりにあった友人。その友人から”お金を貸してほしい”と言われた時、あなたは貸しますか?それとも貸しませんか?

私は過去これまでに幾度となくお金のトラブルに巻き込まれてきました。

マルチ、元彼氏・友人との金銭の貸し借りなどなど・・・。

そこで今回は(現在進行形で)友人とのお金のトラブルについて、また、皆さんの大切なお金を守るため、もしお金を貸す時の必ずやってほしいこともまとめました。

お金を貸す時の絶対しておくべきこと

  • 家族や親しい友人であっても必ず借用書は書く!
  • 連絡先、住所、勤め先を必ず借用書に書かせる!
  • 連帯保証人をつける
  • 貸す額は少額で!(万が一の時を考え、あげても良い額にしておく)
  • 返済期日が過ぎた場合の利子を必ずつける!

ここまで上げてきましたが、なるべくならお金は家族・友人であっても貸さないのが一番良いです!

親しい友人に借用書なしにお金を貸した結果

突然の友人の音信不通

私も小学校からの付き合いがあった友人(以降Aちゃん)にお金を借用書なしで30万ほど貸しました。翌月返済するとは言っていたものの、貸した当時Aちゃんは仕事もしてなければ、少し精神的に病んでいました。

仕事もしていないし翌月返ってはこないだろうと思って、Aちゃんのペースで返済してくれれば良いよと声をかけましたが、翌々月になっても連絡がなく、こちらから連絡してようやく”ごめん!今月から仕事始めたから来月と再来月の分割で返済させて”と言われ、結局Aちゃんが分割で払うと言っていた翌月も振り込みがなくこちらから連絡すると”お金が今手元にない!””今月は別の支払いがあって返せない!”などの返答。

そしてだんだんと雲行きが怪しくなっていくのでした・・・。

それ以降もAちゃんから支払いが遅れるという連絡が来ることはなく、私も子どもの養育費や妊娠して通院費でお金が必要だったため、自分の方から”〇〇の理由で〇〇円必要なんだけど、返済はどんな感じかな?”という連絡を入れるやりとりが続き・・・。

ついに・・・。

貸してから9か月後、返済額半分を残して音信不通になりました。

この時借用書を書かなかった自分にとても後悔しました。

それ以降、電話にも出ず、LINEも既読が付かず、付いてもスルー状態でした。

お金を貸す側は不利なことばかり!?

お金を貸した後にやってはいけないこと

音信不通になった私はしばらく途方に暮れました。

そしてお金を返してもらうために自分が出来ることをいろいろ調べていくと、なんと貸した側が不利になることばかりがどんどん出てくるではありませんか!!!

お金を貸したことを他人に言いふらしたりすると名誉毀損になったり、執拗に連絡をしたり、”お金返さないと〇〇するぞ!”など相手を脅すような行為は脅迫罪になったり、などなど・・・。

なんだ、これ・・・。

なんでお金貸しただけなのに、こんな目に合わなくちゃいけないんだ・・・。とさらに落ち込みました。

結果・・・。

お金を貸して良いことなんて1つもありません!

むしろ誰にも相談できないどころか、相談したことによって悪者になってしまうことも。。。

諦めたくない!絶対に返してもらう!

私の場合、まだ返済額が10万以上残っているので家族のためにも絶対に返してもらおうと思っています!

しかし、弁護士さんに相談して裁判を起こすとなっても費用が高すぎるので、全部個人でやっていこうと思っています。

まずは内容証明を送付し、それでも支払いがなかった場合は、簡易裁判所に行って支払い督促など相手方に送付することを検討しています。

借用書はないものの、幸いにもLINEにてAちゃんが”〇〇までに返す”などのやりとりやお金を貸したのも振り込みだったので、相手の口座番号も知っているので、貸したという証拠は十分に残っています。

「音信不通とはいえ小学校からの付き合いの友人であればやり過ぎでは?」というご意見の方もいらっしゃるとは思うのですが、私がここまでするのにはとある理由が原因です。

それは、私の個人間のLINEは音信不通なのに対し、別のグループLINE(美影もそのグループLINEに所属)内のトークで普通に他の友人とやりとりしているからです。

皆さんだったらこの行為許せますか?普通に許せませんよね?

音信不通なことにもちょっとどうかと思うし悪質な詐欺なんじゃないかってくらい私は本当に怒り心頭でした。

こんなの友人でもなんでもありません。私は心を鬼にして今回内容証明や法的措置を取ろうと決断した至りです。

まとめ~お金の貸し借りで後悔しないために~

 

そのお金の貸し借り大丈夫?

今回は私が友人にお金を貸して失敗したことをもとにまとめ記事を書きました。

私は今回のことで”金の切れ目は縁の切れ目”という言葉を身をもって実感しました。

皆さんの大切なお金を守るためにも、そして友人のためにも絶対にお金は貸さない方が良いです!

相手にとっては甘えでしかありませんし、貸すメリットが貸す側には一切ありません。

もしどうしても貸したいのであれば、必ず冒頭でもご紹介した通り借用書を書いてもらい、利子もつけましょう!利子は相手の返済しなくてはいけないという気持ちにもさせるので、友人、家族であっても必ずつけてください!

また私自身これから内容証明や、支払い督促を個人でする予定ですので、また後日その内容についてまとめ記事を書いていこうと思います。

友人からお金を貸す前の参考になれば幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

子育て&生活
スポンサーリンク
美影をフォローする
スポンサーリンク
ゆっくり子育てライフブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました